cotec store
校正証明書発行対象機器
お問合せリスト

TQC ベーカーフィルムアプリケーター

準拠規格

ASTM D3022   ASTM D823

バードフィルムアプリケーターとベーカーフィルムアプリケーターの性質の違いについて

ベーカーフィルムアプリケーターは一般に低粘度~高粘度まで幅広く適用できると言われています。特に中粘度を中心に安定した塗工が実現できます。接液部が急な角度になっているバードフィルムアプリケーターは、一般に中粘度~高粘度に適し、特に高粘度や粘着性のある塗工液において安定した塗工を実現できると言われています。
詳細は All About Applicator の塗工実験例をご参照ください » All About Applicator

ギャップと膜厚の関係について

アプリケーターの移動速度やコーティング材の流れ性にもよりますが、物理的な要因によりアプリケーターのすき間ギャップとウェット膜厚は一致しません。多くの場合ウェット膜厚はギャップのクリアランスの40~80%になります。
一般的に乾燥膜厚は溶剤や水分の蒸発等によりウェット膜厚よりさらに薄くなります。

ステンレス材質と加工処理について

ステンレス鋼は日本メーカーの440C(マルテンサイト系ステンレス)を使用し、準真空で+1,760℃ → -70℃の熱処理を行い、HRC55(ビッカース595HV)の高硬度を得ています。高い平滑性を必要とする表面は研磨処理を施します。そして校正検査のために検査測定部に送られます。

特徴

  • ● 円筒形の本体の硬質ステンレス製アプリケーターです。
  • ● TQC 全自動アプリケーターに装てんできます。

ご注文&価格のお問い合わせは…

モデル名称 ギャップμm 塗布幅 商品コードNo.
TQC ベーカーフィルムアプリケーター 4ギャップ・W60mm

15、30、60、90μm 60mm KT-VF2145
30、60、90、120μm KT-VF2146
50、100、150、200μm KT-VF2147
任意の4ギャップ
最小ギャップ10μm、最小ピッチ10μm
最大ギャップ3,000μm
KT-VF1510

アプリケーター自体の幅:塗布幅+40mm

任意のギャップのご指定方法について:製作可能な最小ギャップは10μm、最小ピッチは10μmです。例えば、10、20、30、40μmの4ギャップ品の製作が可能です。最大ギャップは3,000μm。

機械的精度:3μm以内

モデル名称 ギャップμm 塗布幅 商品コードNo.
TQC ベーカーフィルムアプリケーター 4ギャップ・W80mm

15、30、60、90μm 80mm KT-VF1500
30、60、90、120μm KT-VF1501
50、100、150、200μm KT-VF1502
任意の4ギャップ
最小ギャップ10μm、最小ピッチ10μm
最大ギャップ3,000μm
KT-VF1515

アプリケーター自体の幅:塗布幅+40mm

任意のギャップのご指定方法について:製作可能な最小ギャップは10μm、最小ピッチは10μmです。例えば、10、20、30、40μmの4ギャップ品の製作が可能です。最大ギャップは3,000μm。

機械的精度:3μm以内

モデル名称 ギャップμm 塗布幅 商品コードNo.
TQC ベーカーフィルムアプリケーター 4ギャップ・W80mm 細身

90μm×2、150μm×2 80mm KT-VF1560

アプリケーター自体の幅:塗布幅+40mm

接液部の直径は通常品はφ27mmですがこの細身モデルはφ18mmです。自重が少し軽くなり、特に塗る対象物(素地)に負荷をかけたくない用途に適します。
ギャップは90μmと150μmの2段階のみです。

機械的精度:3μm以内

モデル名称 ギャップμm 塗布幅 商品コードNo.
TQC ベーカーフィルムアプリケーター 4ギャップ・W100mm 15、30、60、90μm 100mm KT-VF1521
30、60、90、120μm KT-VF1522
50、100、150、200μm KT-VF1523
任意の4ギャップ
最小ギャップ10μm、最小ピッチ10μm
最大ギャップ3,000μm
KT-VF1520

アプリケーター自体の幅:塗布幅+40mm

任意のギャップのご指定方法について:製作可能な最小ギャップは10μm、最小ピッチは10μmです。例えば、10、20、30、40μmの4ギャップ品の製作が可能です。最大ギャップは3,000μm。

機械的精度:3μm以内

モデル名称 ギャップμm 塗布幅 商品コードNo.
TQC ベーカーフィルムアプリケーター 4ギャップ・W150mm 15、30、60、90μm 150mm KT-VF1526
30、60、90、120μm KT-VF1527
50、100、150、200μm KT-VF1528
任意の4ギャップ
最小ギャップ10μm、最小ピッチ10μm
最大ギャップ3,000μm
KT-VF1525

アプリケーター自体の幅:塗布幅+40mm

任意のギャップのご指定方法について:製作可能な最小ギャップは10μm、最小ピッチは10μmです。例えば、10、20、30、40μmの4ギャップ品の製作が可能です。最大ギャップは3,000μm。

機械的精度:3μm以内

特注品について

特注品も承っていますので、どうぞご相談ください。

  • 推奨塗布最大幅:450mm (両端サイズは各20mmです。したがってアプリケーターの全幅は塗布幅+40mmとなります。
  • 最小ギャップ:10μm
  • 最大ギャップ:3,000μm
  • ギャップの最小刻み:10μm
  • 納品:特注品のため受注後
    2~3ヶ月程度かかります。
推奨最大幅について
450mmを超えたものをお作りすることも可能ではありますが、自重や使用時に受ける抵抗が原因となって、たわみが生じてきます。幅が大きいほどそれによって生じる誤差が大きくなるため、塗布幅450mmを超える実績はありません。
なお、全自動アプリケーターに装填して使用できるのは、幅350mmまでの一般的なギャップのものです。

校正証明書

  購入時に添付 別途費用で添付
校正証明書/Certificate of Calibration
検査成績書/Certificate of Test
一般には校正対象機器とはされていませんが…
一部のご要望にお応えするため校正証明書をお付けすることになりましたが、一般には校正対象機器とはみなされていません。
なお、添付される校正証明書は、1枚の英文のCalibration Certificateのみです。
無償ですが、発行日はメーカーのロット検査日となります(納入日ではありませんのでご了承ください)。
詳細は、» カスタマーサポート をご覧ください。
膜厚の均一性を決めるもの:アプリケーターのギャップ精度も重要ですが…
JIS/ISOにも記載されているように、粘度などの塗工液の性状とともに、アプリケーターを引く速度の再現性と均一性(引く途中での速度の変化)がきわめて重要です。それらが高度に管理されない限り、膜厚の管理は難しいと言えます。
JIS K5600-4-1 隠ぺい力 の序文に以下の記述があります。「同じフィルムアプリケーターを用いても操作者が異なる場合には著しく異なった膜厚の塗膜が得られるので絶対的な方法が要求される」
  • TQCプロフィール
  • 製品サイトマップを見る
  • ご注文ガイドをダウンロード
  • ヒント:アプリケータと粘度の関係
  • ヒント:お試しをご検討のみな様へ
  • 関連商品:全自動フィルムアプリケータ紹介
  • 関連商品:全自動フィルムアプリケータ特徴
  • 関連商品:バーコーター
  • 関連商品:バードフィルムアプリケータ
  • 関連商品:8面アプリケータ
  • 関連商品:ギャップ調整マイクロメータアプリケータ
  • 関連商品:レネータ製テストチャート
  • Try & Rent 出品商品です