cotec store
お問合せリスト

TQC 記録保存用くし形膜厚計

ガイダンス

ガイダンス:くし形ウェットフィルム膜厚計(Comb gauge) JIS K5600-1-7(ISO2808)

1. 膜厚計の概要

2. 手順

  1. (1)膜厚計を測定作業中にズレないように、そして素地に垂直に達するように塗膜中に当てます。
  2. (2)膜厚計を塗膜から外して、塗膜に触れている最も短い歯がどれかを調べます。
  3. (3)最後に触れた歯と最初に触れなくなった歯の間にある数値を読み取ります。
  4. (4)塗装領域全体の代表する結果を得るためには、同じ手順で異なる場所で、少なくとも2回以上繰り返します。
この樹脂製モデルは一般には記録保存用として使用します。
使用した状態(塗料が付着した状態)のまま乾かして現物見本として保管します。

準拠規格

ISO 2808-1A,, JIS K 5600-1-7, NF T30-125

154

μm単位表示面

重さ:1.9kg/セット(500枚)

測定範囲 各辺の目盛(μm) 一辺の長さ セット枚数 商品コードNo.
25~900μm (1)25,51,76,102,127
(2)152,178,203,229,254
(3)279,305,330,356,381
(4)406,432,457,483,508
(5)533,559,584,610,635
(6)660,737,787,832,900
32mm 500枚 KT-LD2020
mils単位表示面
mils単位で製作したものの裏面がμm単位表示になっています。
そのため、μm単位では半端な数値となっていますのでご注意ください。
1 mil(ミル)=1/1000 inch=25.3995 μm

校正証明書

  購入時に添付 別途費用で添付
校正証明書/Certificate of Calibration
検査成績書/Certificate of Test
  • TQCプロフィール
  • 製品サイトマップを見る
  • ご注文ガイドをダウンロード
  • 関連商品:TQC製ロータリ形
  • 関連商品:TQC製くし形
  • 関連商品:DeFelsko製PosiTector6000
  • 関連商品:DeFelsko製PosiTectorDFT
  • 関連商品:DeFelsko製PosiTector200超音波