ためしてみました その1 平板における測定試験結果

使用した粉体塗料
Particle Size:35~38μm Polyester Powder
使用した粉体塗装機
Conallshot:トリボ(摩擦帯電)方式
使用した被塗物
SPCC 板厚0.8mm
実験ご協力:株式会社三王

1.調整(Calibration)の効果

硬化前の粉体状態の層厚をTAGで測定

硬化後の膜厚を通常の電磁式膜厚計で測定

Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Blue Factory 59.9 56.2 3.7 6.6%

予め用意されているメーカー出荷時の調整値(Calibration)を使用して測定しました。
硬化前の粉体状態をTAGで測定し、硬化後の膜厚を通常の電磁式膜厚計で測定し、その差を確認しました。

↓
Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Blue User 33.6 32.8 0.8 2.4%

50μm前後の粉体塗装板を用意して、硬化前の粉体状態をTAGで測定。硬化後の膜厚を電磁式膜厚計で測定し、その値でTAGを調整(Calibration)してから測定した結果です。
調整により精度が向上したことがわかります。

2.膜厚が大きく異なる場合でも調整(Calibration)は有効か?

Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Blue Factory 108.3 117 -8.7 -7.4%

同じ青色の粉体塗料で厚膜に塗装しました。予め用意されているメーカー出荷時の調整値(Calibration)を使用して測定しました。
誤差は拡大しています。

Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Blue User 109.8 119 -9.2 -7.7%

今度は1項の実験で使用した50μm前後の粉体塗装板で得られた調整値を用いて測定してみましたが、改善は見られませんでした。

↓
Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Blue User 106.5 104 2.5 2.4%

100μm前後の粉体塗装板を用意して、硬化前の粉体状態をTAGで測定。硬化後の膜厚を電磁式膜厚計で測定し、その値でTAGを調整(Calibration)してから測定した結果です。
対象膜厚が大きく異なるときには、新たに調整を行うことが必要です。

3.色による影響

Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Ivory User 49.1 55.2 -6.1 -11.1%

同様にして、さまざま色の粉体塗料で測定をし、色による影響を確認してみました。

Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
M. Gray User 99.6 102 -2.4 -2.4%
Metallic Gray メタリックです
Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Black User 78.6 74.8 3.8 5.1%
Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Yellow User 83 73.4 9.6 13.1%

黄色は精度が出にくい色です。測定エラー(TAGが膜厚値を計算できずErrorと表示されてしまう)も数回に1度くらい生じました。

Color Calibration 測定値μm 誤差Δ
TAG 硬化後膜厚 μm
Red 76.3

赤はほとんどのケースで測定エラー(TAGが膜厚値を計算できずErrorと表示されてしまう)になってしまいました。

  • TQCプロフィール
  • 製品サイトマップを見る
  • お問合せリストをダウンロード
  • ご注文ガイドをダウンロード