TQC フォトサーマル式非接触膜厚計 Powder TAG(パウダー・タグ)の操作方法

1.適切な測定位置

Measureでメインボタンを一度押すと、塗装面に3つのインジケータの赤い点が現れます。その3つの光が1点になった距離が適正距離です。
その位置を保ったままメインボタンをもう一度押すと測定し、膜厚が表示されます。
照射角度はあまり気にされる必要はありませんので、超音波方式に比べて測定位置を合わせるのはとても簡単です。

2.操作メニュー

メニューの構成はきわめてシンプルです。ほとんど直観的に操作が可能です。

メインボタンを押してください

硬化前粉体層

硬化後膜厚

厚膜測定モード

Measure Settings で指示された測定モードで測定準備を行います

硬化前の粉体層の厚さを測定します

特に厚膜の測定をする際に使用します。通常より測定時間がわずかに長くなります。

硬化後の膜厚を非接触で測定する場合に使用します

既設定の調整条件を呼び出します

既設定の調整条件を修正します

新しい粉体を測定する場合一般に新たに調整した方が精度が向上します

硬化前の粉体層の測定精度を向上させたいときに使用します

硬化後の膜厚の測定精度を向上させたいときに使用します

特に厚膜の場合に測定精度を向上させたいときに使用します

表示言語を変更したいときに使用します

統計機能を選択します

厚みの単位を選択します

高分解モード(0.1μmまで)を選択します

工場出荷状態に戻したいときに使用します

  • TQCプロフィール
  • 製品サイトマップを見る
  • お問合せリストをダウンロード
  • ご注文ガイドをダウンロード