作品a@KT-038 障がい児自立支援
からふる作品

COTECサイト内

9002WとFL-600Eの性能比較

Step1

FL-600Eでは0.5MPaの圧力で、目的とする異物がブロー除去できていたとします。
このときのFL-600Eのブロー噴射力は4Nになっています。

同じ4Nの噴射力を得るための9002Wの必要圧力は0.3MPaとなります。

FL-600Eを9002Wに交換することで、圧力を0.5MPaから0.3MPaに下げることが可能になります。

次項で、この圧力の低下分がどのような効果をもたらすのかを具体的にみてみましょう。

Step2

FL-600Eでは、圧力0.5MPa時の空気消費量は32m3/hとなっています。
9002Wでは、圧力0.3MPa時の空気消費量は20m3/hとなっています。

したがって、FL-600Eを9002Wに交換することで、1時間当たり12m3の空気が節約できます。

12m3/hの空気のコストは一般的な工場で年間25,000円分になり(稼働時間は8時間/日、22日/月。稼働率は稼働時間の50%)、ノズルを30個使用していれば、年間で75万円の削減になります。
電気消費量も30%以上の削減が可能です。

Step3

FL-600Eでは、圧力0.5MPa時の騒音値は85dB(A)となっています。
9002Wでは、圧力0.3MPa時の騒音値は75dB(A)となっています。

10dBの騒音低減効果があります。人の耳には騒音はおよそ半分になって聞こえるはずです。

エアーノズルトータルサポートのページへ戻る
Copyright© 2002-2012 COTEC Corporation, All rights reserved.